NEWS

この度、四国システム開発株式会社(以下SSDC)は株式会社インフォマート(本社:東京港区、代表取締役社長 長尾 收、以下「インフォマート」)とセールスパートナー契約を締結しました。
電子請求書サービス国内実績No.1(※)の「BtoBプラットフォーム 請求書」をはじめ、「BtoBプラットフォーム 契約書」などの書類電子化サービスのご提供が可能です。
※2019年度クラウド請求書サービス市場 ㈱富士キメラ総研調べ(月刊BT 151号)

BtoBプラットフォーム 請求書は48万社以上(2020年11月現在)の企業に利用されており、業界・規模を問わず、多くの企業様の請求業務をサポートしています。
本サービスには以下のような特徴があります。

◎請求書の発行・受取の両方の電子化が可能
 発行・受取の両方に対応できる国内唯一のサービスです。どちらか一方のみの導入も可能です。

◎コスト・時間を大幅短縮
 発行コストは約67%、受取コストは約77%の削減が可能です。また、作業時間は発行・受取ともに約90%削減できます。

◎電子帳簿保存法に対応
 請求書の印刷や保管にかかる手間とコストがなくなります。

SSDCはお客様のデジタル変革(Digital Transformation)やペーパーレス化、テレワーク実現に有効なサービスとして、多くのお客様への「BtoBプラットフォーム 請求書」の導入をご支援いたします。
SSDC「BtoBプラットフォーム請求書」ご紹介ページ

当社とインフォマート共同で特設ページもご用意しました。こちらでは、導入事例や導入効果シミュレーションも掲載しています。また、料金体系や他社サービスとの機能比較などが詳しい分かる資料のダウンロードもできます。
BtoBプラットフォーム 請求書特設ページ

■株式会社インフォマートについて

同社は世界中の企業や人を結ぶことを目指した「BtoBプラットフォーム」を運営しています。企業間取引の“プラットフォーマー”として、様々な業界、業態の企業にインフォマートのサービスを通じて紙から電子データ化への移行、企業のペーパーレス化を促進し、利用企業数は49万社、2019年度年間流通金額は11兆円を超えています。
詳細な情報はインフォマートのウェブサイトをご参照ください。
https://www.infomart.co.jp/

■「BtoBプラットフォーム 請求書」について

企業様と取引先との請求書のやり取り(発行・受取)を、電子データで行うWeb請求書クラウドシステムです。
”紙”の請求書の取り扱いが減ることで、請求業務の軽減とコスト削減、テレワークの推進につながります。

TOP -  NEWS -  電子請求書サービスのインフォマートとセールスパートナー契約を締結。四国企業の請求書や契約書のデータ化・ペーパーレス化を加速。
PAGETOP